動画の著作権について

動画の著作権について

日韓掲示板で仲良くなった韓国人男性と会話していると、彼が時々、「日本の有名な映画・ドラマを紹介してください。」と言い、私が面白そうな映画・ドラマを教えてあげると、彼はさらに「torrentのファイルはどこにありますか?」と言うことが多いです。

 

そう、彼は不法に動画をダウンロードしょうとしているのです。

 

そこで私は「それは違法だよ。」と教えてあげても彼は納得せずに、「韓国では問題ないです。どうせ逮捕されないから安心してください。」と主張します。この発言には本当にあきれてしまいますが、私としては犯罪に巻き込まれるのは嫌なので、いつも適当に答えをはぐらかしています。

 

ちなみに日本では、2010年10月から音楽・ゲーム・アプリ・映画・ドラマなどについて、違法ダウンロードをきびしく取り締まるようになりましたが、どれくらい効果があったのでしょうか。

 

動画共有サイトなどを見ると、たまにTVで放送されたばかりの番組があげられていますが、やはり現在でも動画の著作権に関する認識が甘いのではないでしょうか。

 

ただ、なんでもかんでも著作権の主張をして、インターネットサイトの動画投稿を制限してしまうと、有用な情報を広く伝えられなかったりするのでこれは困りますね。

 

以前、中山成彬議員(維新の会)が自らが行った国会での演説について、中山議員がその動画を動画共有サイトにアップロードしたところ、NHKが著作権侵害の理由でそれを削除したことがありましたが、このような行為には大きな疑問を感じます。実際、私だけでなく多くの人々がNHKの行為に反発しました。

 

このように動画の著作権については、単にきびしく取り締まるだけでなく、国民目線で再度議論を進めて欲しいと思います。


動画パラサイトTOP サイトマップ